【工学部/工学系研究科】 トピックス

2014年度工学部・工学系研究科退職教授惜別会が開催されました(2015年3月5日)

 

 去る3月5日(木)、工学部・工学系研究科退職教授惜別会が工学部2号館展示室において催された。12名もの教授が、平成26年度末で工学部・工学系研究科を退職される。そのうち、松本洋一郎教授(機械工学専攻)、樋口俊郎教授(精密工学専攻)、山口由岐夫教授(化学システム工学専攻)、勝村庸介教授(原子力専攻)、小佐古敏荘教授(原子力専攻)、廣瀬啓吉教授(電子情報工学科)、大野秀敏教授(建築学科)の7名にご出席いただくとともに、40名の教員の出席をいただき、にぎやかに開かれた。なお、ご都合により、参加いただけなかった退職教授は、東畑郁生教授(社会基盤学専攻)、小出治教授(都市工学専攻)、山冨二郎教授(システム創成学専攻)、山田一郎教授(機械工学科)、飯笹幸吉教授(システム創成学科)の5名であった。
 司会進行は森口祐一都市工学専攻長が担当され、平尾雅彦化学システム工学専攻長による開会の辞につづいて、光石衛工学系研究科長からご挨拶をいただいた。その後、出席者を代表して保立和夫元工学部長による乾杯により懇談に移った。
 高井まどか教授会副議長による教授会メダルの伝達を行い、その際、各退職教授からの短いスピーチがあった。さらに、退職教授を代表して、小佐古教授より退職のご挨拶をいただいた。大久保達也副研究科長より惜別の辞が贈られ、なごやかなうちに閉会した。

文責:相澤清晴(電子情報工学科長)