プレスリリース

2018.09.14

細胞から染色体1本を取り出して解きほぐす技術を開発 〜基礎生命科学から、がん/再生医療まで幅広い研究分野への貢献に期待〜:機械工学専攻 高橋智博(修士課程2年生、研究当時)、オケヨ ケネディ(助教、研究当時)、バイオエンジニアリング専攻 鷲津正夫教授、機械工学専攻 小穴英廣准教授ら

東京大学大学院工学系研究科の高橋智博大学院生(研究当時)、小穴英廣准教授らの研究グループは、旭川医科大学の上田潤准教授、近畿大学の山縣一夫准教授との共同研究により、顕微鏡のステージ上、マイクロ流体デバイス内で、狙った1個の動物細胞を破砕して染色体を取り出し、マイクロ流体デバイス内の溶液条件を制御することによって「顕微鏡下・その場」で染色体の折り畳み度合い変化のリアルタイム観察および解きほぐしを行い、クロマチンファイバーへと展開する技術を開発しました。この手法を用い、分化細胞由来と未分化細胞由来の染色体の折り畳み構造の安定性をそれぞれ調べて比較した結果、未分化細胞由来の染色体の方が、折り畳み構造の安定性が低いことを初めて直接明らかにしました。本実験手法は、細胞分化/未分化状態の制御・維持機構解明や、がん/再生医療と関わりの深いエピジェネティクス研究を「1細胞・1染色体レベル」で行うための非常に有用な手法となる事が期待されます。

 


プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201809141728249909148515_316509.pdf