トピックス

2017.02.20

【受賞・表彰等】精密工学専攻(D1)小松 廉さんらが、第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2016) に於いて優秀講演賞を受賞されました。

2016年12月18日、精密工学専攻 博士1年 小松 廉さん、藤井 浩光特任講師、田村 雄介特任准教授、山下 淳准教授、淺間 一教授らが、17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016に於いて優秀講演賞を受賞されました。

17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)は、ロボット、防災・減災、医療・福祉,環境、メカトロニクス等の様々な領域をカバーし、多岐にわたる俯瞰的システムインテグレーションをテーマとして研究発表を行う講演会である。SI2016優秀講演賞は、システムインテグレーション部門講演会において発表された全ての発表を対象として審査を行い、講演会実行委員会が選出した発表に与えられるものである。

 

<受賞された研究・活動について>
ロボット遠隔操作において、遠隔地で操作するオペレータへロボット周囲の状況を伝えることは非常に重要である。本研究は、複数台の魚眼カメラと1 台のレーザ測域センサを用いた、屋内探査ロボット遠隔操作のための任意視点映像生成手法を提案した。受賞した研究では、多くの屋内環境において壁は床面に対して垂直であるという人工物の幾何情報を活用した。この情報を活用することで、 4台の魚眼カメラと1 台のレーザ測域センサだけでリアルタイムに任意視点映像生成が可能となった。

 

 

<今後の抱負・感想>
このような素晴らしい賞を頂けたことを光栄に思っております。熱心にご指導くださいました先生方および議論させていただきました研究室の皆様に深く感謝いたします。今後はこの研究を進め、社会に役に立つシステムとして発展させていけるように精進いたします。