教育

工学部では社会の中での科学技術を重視しています。

今日の社会は、科学技術の成果を利用せずには一日たりとも機能しないことは明らかですが、また科学技術が結果として社会に不利益をもたらすことも事実です。生活環境が整い医療が高度化することによる高齢化社会の到来、大量消費による資源の枯渇や環境の汚染など、私たちが立ち向かわなければならない問題は様々です。

工学の教育・研究に携わる私たちは、科学技術が社会の中で活きてこそ意味があるという工学の原点から、様々な取り組みを行っています。その守備範囲と手法は限りなく広範です。原子レベルでの物質の理解から、それらを組み立て構造化する技術まで、情報の意味を問うことから、その効果的な伝達・処理技術まで、さらにこれら全ての技術が及ぼす社会的影響の評価に至るまで。
私たちはそれぞれの取り組み方で創意工夫し、汗をかきながら工学の一翼を担っています。