'工学部/工学系研究科 トピックス' blog (64135453833) of hub id 20511701

工学部/工学系研究科 トピックス

野崎京子 教授が「科学技術賞」を受賞されました


化学生命工学専攻の野崎京子 教授が令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(研究部門)を受賞されました。

fig3
科学技術分野の文部科学大臣表彰:科学技術賞(研究部門)
この表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた方、もしくはグループについて、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的として行われています。

受賞された研究・活動について
オレフィンと極性モノマーの共重合により、官能基化ポリオレフィンの合成に取り組み、既存の触媒系の反応機構の詳細な解析に基づいてエチレンと極性モノマーの共重合触媒の高効率化を行った。この知見をもとに先例のないプロピレンと極性モノマーの共重合にも成功。また、二酸化炭素を原料とする高分子合成にも取り組み、エポキシドとの共重合のための高効率触媒の開発、ジエン類との共重合の達成などの成果を挙げた。これにより、ポリプロピレンに種々の官能基を導入できるなど、汎用材料の高機能化が達成された。また、高分子合成における原料の多様化に貢献したことが評価された。これらの成果は、汎用高分子材料合成に新たな分野を拓き、持続可能な物質合成に寄与することが期待される。

fig4
今後の抱負・感想
この度、はからずも科学技術賞(研究部門)の栄に浴することができました。これまでお世話になった先生方、先輩・同僚諸氏、共同研究者のスタッフ・学生諸子のおかげであり、ここに改めて感謝いたします。これまで高分子合成に集中してきましたが、今後は高分子分解も含めたトータルでの物質変換に挑んでいきたいと思っています。今度ともよろしくお願いいたします。

野崎研究室:http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/nozakilab/

fig1