プレスリリース

2018.02.09

ひずみ方向をセンシングする「フレキシブルスピンデバイス」の動作実証に成功 ~フレキシブルスピントロニクスへ向け道~ : 物理工学専攻 太田進也(D1)、千葉大地准教授ら

ひずみセンサは、物体の荷重や変位量、振動などを測定するために広く用いられています。従来のセンサでは、変形により金属などの抵抗値が変化することを利用し、予め決まった方向のひずみの“大きさ”を検出していました。東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の太田進也大学院生、同 千葉大地准教授、村田製作所の安藤陽シニアプリンシパルリサーチャーからなる研究チームは、ひずんだ方向に応じて磁石の磁化方向が変化する現象を利用し、ひずみの“方向”を検出することに初めて成功しました。同センサはノーベル物理学賞にも選ばれた技術である巨大磁気抵抗効果(注1)という現象を用いており、柔らかいフレキシブルフィルム上に形成されています。フィルム上にセンサを集積化することも容易で、場所により異なる局所的なひずみ方向を可視化するような場面での用途も広がると考えられます。
磁化というベクトルを使った新しい仕組みのひずみセンサを実現したという意義だけでなく、電子の磁気的性質であるスピンを活用する「スピントロニクス」と、柔らかい電子部品を創り出す「フレキシブルエレクトロニクス」の長所を融合した学際研究の足掛かりとしても、今後の展開が期待されます。
本成果は、2018年2月8日(英国時間)に、「ネイチャー・エレクトロニクス(Nature Electronics)」のオンライン版に掲載されました。なお、本研究は株式会社村田製作所及び科研費基盤研究(S)の助成を受けて実施されました。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201802091622027118491731_117447.pdf

Nature Electronics : https://www.nature.com/articles/s41928-018-0022-3