'工学部/工学系研究科 トピックス' blog (64135453833) of hub id 20511701

工学部/工学系研究科 トピックス

原子力国際専攻 李 睿さん (D3) が「KONA Young Researcher Award」を受賞されました

 

2022年11月17日、原子力国際専攻 酒井研究室 李 睿さん (D3) が International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials 2022 (ICCCI 2022)  において「KONA Young Researcher Award」を受賞されました。

 

fig
KONA Young Researcher Award
ICCCI 2022において学生や若手研究者による優れたポスター発表に対して授与される賞です。

 

受賞された研究・活動について
「三相流システムにおける粗視化DEM-CFDの妥当性確認に関する研究」

固気液三相流システムは様々な産業分野で現れます。産業規模での三相流システムの数値シミュレーションには大量の粒子を模擬するため、計算コストを要します。さらに、既存の混相流シミュレーション手法では、流体シミュレーションにおけるメッシュサイズを柔軟に設定できないという課題もあります。これらの問題を解決するために、Coarse-grained Discrete Element Method、Refined Gridモデル及びVolume of Fluid法を、著者らの研究室で開発した固体−流体連成シミュレーションFELMIのコードに導入しました。固気液三相流体系において本手法が妥当であることを確認しました。本手法によって固気液三相流システムの巨視的特徴の再現に成功するとともに、誤差は工学的応用の観点からは許容できるものでした。また、本手法によりシミュレーション時間を大幅に削減することに成功しました。本手法は様々な産業分野における計算科学の発展に役立つものであると考えています。

今後の抱負・感想
このたびの受賞は大変光栄に思います。本研究の共著者である酒井先生、山田博士に心から感謝いたします。また、研究室のメンバー、特に段博士、李博士、石さんには、この数ヶ月間お世話になりました。今後は、より多くの成果を出せるように努力していきたいと思います。