プレスリリース

2019.03.11

「食品の腐敗メカニズムの解明と冷蔵プロセスの最適化」の産学共同研究を開始:バイオエンジニアリング専攻 佐久間一郎教授、田畑仁教授、津本浩平教授、高井まどか教授ら

サンデン・リテールシステム株式会社(本社:東京都 代表取締役社長:森益哉、以下サンデンRS)は、3C株式会社(本社:群馬県高崎市 代表取締役:佐藤元彦 以下、3C社 )と、株式会社MARS Company(本社:群馬県高崎市 代表取締役:大野正樹 以下、MARS社 )と、国立大学法人 東京大学大学院工学系研究科(研究科長:大久保達也 以下、東京大学)バイオエンジニアリング専攻(佐久間一郎教授、田畑仁教授、津本浩平教授、高井まどか教授)は、「食品の腐敗メカニズムの解明と冷蔵プロセスの最適化」の産学共同研究を2018年12月1日より開始しました。

3社、4研究室による産学共同研究により、電場の基礎物性、タンパク質、バクテリアの3つの観点から食品の腐敗メカニズムを研究し、冷蔵プロセスの最適化を図ります。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201903111322228301342923_463837.pdf