トピックス

2018.08.22

【受賞・表彰等】物理工学専攻 大日方絢さん(D3)が10th International School and Conference on Physics and Applications of Spin Phenomena in Solids(PASPS10)において、PASPS 10 Young Researcher Best Poster Award を受賞されました。

2018年8月8日、物理工学専攻の大日方絢さん(D3)が10th International School and Conference on Physics and Applications of Spin Phenomena in Solids(PASPS10)において、PASPS 10 Young Researcher Best Poster Award を受賞されました。

 

<受賞した賞の名称と簡単な説明>
この賞は、国際学会10th International School and Conference on Physics and Applications of Spin Phenomena in Solids(PASPS10)において、優れたポスター発表を行った若手研究者に授与されるものです。

<受賞された研究・活動について>
「Electric field control of proximity-induced magnetic moment in Pd with solid-state gating」
パラジウムに誘起される磁気モーメントが電界で変化することを固体キャパシタ構造を用いて実証しました。



<今後の抱負・感想>
このような賞に選んでいただき、大変光栄に思います。日頃ご指導くださる先生方、日々共に研究を行っている研究室のメンバーのみなさんに深く感謝いたします。