専攻紹介/附属施設・機構

専攻紹介

社会基盤学専攻

社会基盤学専攻

人間・自然環境を再生し創造する、多彩で個性豊かな人材を養成します

建築学専攻

建築学専攻

「住まいから都市までを築く創造力」「建築・都市の設計を行う人材を育みます」

都市工学専攻

都市工学専攻

都市の未来について地球環境から人々の豊かな暮らしまで多様な視点で探求します

機械工学専攻

機械工学専攻

機械工学を基盤に、領域を超えた総合的視点に立って新しい機械の創造を目指す専攻です

精密工学専攻

精密工学専攻

未到の精密領域への探検と価値創造のためのリーディングテクノロジー

航空宇宙工学専攻

航空宇宙工学専攻

天空を開拓する情熱と知性

電気系工学専攻

電気系工学専攻

常に時代を切り開き、新しい概念と先端科学技術を生み出してきたフロンティア精神!

物理工学専攻

物理工学専攻

最先端の物理学から新しい学問と産業を拓く

システム創成学専攻

システム創成学専攻

工学知を統合し、自然や社会と調和のとれた革新的な「システム」の実現を目指します

マテリアル工学専攻

マテリアル工学専攻

全ての工学に通じるマテリアルを基盤に、様々な分野で新たな地平を拓いていく人材を養成します

応用化学専攻

応用化学専攻

「物質を自在にデザインし、新しい機能を」

化学システム工学専攻

化学システム工学専攻

化学を基盤にシステムを武器に、分子から地球までマルチスケールで実社会に貢献します

化学生命工学専攻

化学生命工学専攻

化学と生命のハイブリッド化による新物質・新機能を創造する科学

先端学際工学専攻

先端学際工学専攻

学際的な分野融合による専門を越えた広い視野の醸成とリーダーシップのとれる人材の育成

原子力国際専攻

原子力国際専攻

国際的な展開を見せる原子力工学の研究・教育を推進し、国内はもとより国際舞台においても活躍できる人材を輩出することを目的としています

バイオエンジニアリング専攻

バイオエンジニアリング専攻

物質・システムと生体との相互作用を解明・制御し、未来型医療システムの創成を目指します

技術経営戦略学専攻

技術経営戦略学専攻

先端的な科学技術を幅広く理解し,俯瞰的にマネジメントして,イノベーションを起こすことのできる人材を育成します

原子力専攻(専門職大学院)

原子力専攻(専門職大学院)

原子力産業界や安全規制行政において指導的役割を果たす原子力専門家を養成する日本初「原子力専門職大学院」です

附属施設・機構

総合研究機構

工学を構造化しつつ、産業との関係、他の工学領域との関係を再構成することを目的とした総合研究機構です。

»詳しくはこちらから

国際工学教育推進機構

国際的な工学教育研究基盤を構築し、国内外の優秀な学生や教員が結集して、世界との国際教育連携を推進していくことを目的として、平成23年4月、国際工学教育推進機構が設立されました。科学技術立国の将来を見据えて、世界リーディング大学に見合う国際求心力強化を目指します。

»詳しくはこちらから

水環境制御研究センター

環境本位型社会における多様な社会的要望に応えられるように、基礎科学と実学の融合・連携から先端的水環境制御技術の開発研究をすすめる研究センターです。国際的に水環境改善や水資源問題が一層強く認識されてきているなかで、水関連の事業体や産業界との連携を強化し、アジア全般を対象とした国際的な水環境制御分野の研究拠点へと充実・発展することを目指した活動を行っております。

»詳しくはこちらから

量子相エレクトロニクス研究センター

量子相エレクトロニクス研究センターでは、多数の電子が強く相互作用し ている系が示す多彩な量子力学的物質相(量子相)に着目し、その相を制御するための物理学を開拓し、それを利用した新しいエレクトロニクスの構築を目指しています。理学系研究科、新領域創成科学研究科等の学内他部局、他大学、民間企業等の研究者によるアジャンクトメンバー(26名)の連携により、あたらしい学問創出をめざした活動を行っています。

»詳しくはこちらから

エネルギー・資源フロンティアセンター

本センターは、人類社会の安定持続に即したエネルギー・資源パラダイム形成に向 け、必要なフロンティア技術群を評価・研究・構築し、これを以って産・官・学連環 を通じた対応機能と複合知の創成に資することを目的として、活動を行っております。

»詳しくはこちらから

光量子科学研究センター

光量子科学研究センターは、光科学研究教育の中核を担う国際拠点形成を目指して設立されました。科学および技術の基盤としての現代光科学の学理の構築と先端技術の開拓を進め、博士人材・若手研究者の育成を推進します。特に、光波および光量子を発生・操作・活用する革新的な科学技術の創出を目指します。

»詳しくはこちらから

医療福祉工学開発評価研究センター

工学系研究科医療福祉工学開発評価研究センターは、医療福祉機器レギュラトリーサイエンスの研究を推進することを目的に開設された施設です。

»詳しくはこちらから

レジリエンス工学研究センター

さまざまな分野でリスクマネジメントに関する新しい考え方が求められており、外乱やシステム内部の変動がシステムの全体機能に与える影響を吸収し、状態を平常に保つシステムの能力であるレジリエンスの概念が注目を集めるようになりました。本センターは、レジリエンスを有するシステム実現のための学理と方法論に関する教育研究活動を進めています。

»詳しくはこちらから

一般財団法人 総合研究奨励会

東京大学大学院工学系研究科と緊密な連携を保ち、工学の基礎研究、応用研究を促進するための事業を行っています。

»詳しくはこちらから

東京大学無錫代表所

工学系研究科の中国拠点として、2005年11月14日江蘇省無錫市に登記されました。無錫市は、上海から北西 128kmに位置し、古い歴史を持つとともに、江蘇省でも最も多くの日本企業が進出している都市です。東京大学北京代表所と連携し、中国大学・研究機関・産業界との学術研究・開発に関する交流と人材育成を推進することを目的として、環境・エネルギー問題に関する中国大学等との交流や産学連携を進めています。

»詳しくはこちらから

安全衛生管理室

工学系等安全衛生管理室は、工学系研究科、情報理工学系研究科等の教育研究活動が、環境安全衛生に関する法令等を遵守し、安全かつ円滑に行われるように支援しています。
(一部学内専用ページがあります)

»詳しくはこちらから

スピントロニクス学術連携研究教育センター

「スピントロニクス」は、エレクトロニクスや情報処理に「スピン」の自由度を 積極的に取入れた材料、デバイス、システムの研究開発を行う学際的かつ横断的 な新しい分野です。スピントロニクス連携研究教育センターは、①世界をリード する個々の研究グループや研究機関の間にネットワークを構築、②緊密な交流や 共同研究を促進し、All Japanでさらなる研究の展開とイノベーションを起こす、 ③異分野横断型(物理学、応用物理学、電子工学、磁気工学、材料科学、化学、 情報科学および境界領域・新領域)の新しい科学技術を創造し新産業創造と現産 業強化、省エネルギー・環境調和型社会の実現に貢献、さらに④創造性にあふれ、 世界と戦える(かつ協調できる)次世代の研究者・技術者を育成することを目的 としています。本センターは、日本学術会議「マスタープラン2014」重点大型計 画および文部科学省「学術研究の大型プロジェクト-ロードマップ2014」( » http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1351171.htm)として採択が決定した「『スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク』 拠点の整備」を実施するための拠点でもあります。

»詳しくはこちらから

博士課程 紹介パンフレット

「博士号は世界へのパスポート」 デジタルパンフレット

「博士号は世界へのパスポート」 デジタルパンフレット
 ダウンロードはこちら