トピックス

2021年06月07日、工学系研究科 精密工学専攻 博士2年 Yusheng Wangさんが、IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Joint Chapter Young Awardを受賞されました。





<受賞した賞の名称と簡単な説明>
IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Joint Chapter Young Award

IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)は、ロボティクス分野で最も権威のあるトップカンファレンスの1つです。IEEE Robotics and Automation Society (RAS) Japan Joint Chapter Young Award は、その年のICRAで発表を行う日本の大学に属する学生全員が審査対象となる賞であり、IEEE Japan CouncilよりChapter支援費の補助を受け、2003年に始まりました。新規性、有用性、プレゼンテーション、総合点を評価の軸として審査が行われた結果、本年は特に優秀であった5名に与えられました。

<受賞された研究・活動について>
本研究では、音響カメラで取得した水中環境の二次元音響画像から三次元形状を推定する新しい手法を提案しました。これにより、濁った水中環境をより正確に把握することが可能となり、水中ロボットのナビゲーションなどへの応用が期待されます。
音響カメラは特殊な投影原理を有するため、音響カメラで取得した二次元音響画像から三次元形状を復元することは困難でした。そこで本研究では、新規にPseudo Front View Depthを提案し、畳み込みニューラルネットワークを用いて学習する方法を構築しました。学習用のデータセットをシミュレータから生成し、敵対的生成ネットワークを用いてリアルなデータを構築する手法を提案しました。その結果、正確な三次元形状の復元が実現できました。

<今後の抱負・感想>
研究成果が認められ、このような素晴らしい賞を頂けたことを光栄かつ嬉しく思います。ご指導を賜った先生方、また協同研究先の皆様に深く感謝いたします。今後は、本研究で得られた知見・技術を発展させ、世間に貢献できるように努めていきたいと考えています。