プレスリリース

2019.09.06

海運情報メディアにおける人工知能とインタフェース技術の応用検討に関する共同研究開始のお知らせ:電気系工学専攻 矢谷浩司准教授

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻矢谷研究室(インタラクティブ・インテリジェント・システム・ラボ)及び、日本海事新聞社(大山髙明社長)は共同で、海運情報メディアにおける知的作業の生産性向上を目指し、人工知能技術を活用したサービス・アプリケーションの検討を行う研究を2019年9月1日より開始いたしました。この研究を通して、海事情報・ニュースの収集、配信における作業の生産性向上に貢献するインタラクティブなシステムの検討を行うとともに、海事情報・ニュースの新しい利活用を目指します。

 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201909061036135513779822_791966.pdf

日本海事新聞:https://www.jmd.co.jp/article.php?no=249744

日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP518477_V00C19A9000000/