トピックス

2018.08.20

【受賞・表彰等】電気系工学専攻 下村颯志さん(M2)が、第40回(2018年)Progress in Electromagnetic Research Symposium(PIERS)において、Best Student Award (第三位)と Young Scientist Awardに選出されました。

2018年8月3日、電気系工学専攻 下村颯志さん(M2)が、第40回(2018年)Progress in Electromagnetic Research Symposium(PIERS)において、Best Student Award (第三位)と Young Scientist Awardに選出されました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>
第40回(2018年)Progress in Electromagnetic Research Symposium(PIERS)Best Student Award (第三位) Young Scientist Award
電磁界理論の国際会議PIERSにおいて数ある学生論文の中から優秀賞三位と若手研究者の中から選ばれる優秀賞に選ばれました。

<受賞された研究・活動について>
論文「Adaptive Subsurface Visualization System UsingPhase Retrieval Method and Complex-valuedSelf-organizing Map」
地中探査レーダーにおいて対象が反射する電波の位相を複素自己組織化マップを用いた適応的処理によって対象を区分する新たなイメージング手法を提案し、その有効性を実証しました。

 

 

<今後の抱負・感想>
大きな国際会議で学生優秀賞と若手研究者優秀賞に選出いただいたことは大変光栄であり感謝します。これを励みに一層尽力したいと思います。


<リンク>
http://www.eis.t.u-tokyo.ac.jp/news/20180803PIERS_BSPA_YSA_Shimomura/