プレスリリース

2018.10.05

テレビ・WEB・SNS・店舗・食卓をまたいだコミュニケーション効果検証の手法を開発する共同研究を開始:システム創成学専攻 早矢仕 晃章助教、大澤 幸生教授ら

株式会社オズマピーアール、キッコーマン株式会社、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科 大澤研究室(以下、東京大学 大澤研究室)、株式会社日本データ取引所は、2018年7月から、データマイニングの知識を用いて、オンラインとオフラインの施策を統合した効果検証の手法を開発していく、産学連携の共同研究を開始しました。
デジタル・マーケティングの進化によって、デジタル広告に関する投資効果の可視化や デジタル上でのターゲットペルソナの発見などが当たり前に行われるようになり、この デジタル・マーケティングの潮流を受け、広告・PRなどマーケティング・コミュニケーションの施策全般においても、より広告の投資効果の可視化が叫ばれる時代となっています。
しかし、オンラインとオフラインの施策を統合した効果検証は、まだまだ一部に限られており、特にPRや店頭販促などといった施策とデジタル、TVCMなどとの連動性や投資 効果などは、解明されてきませんでした。
本研究では、こうした投資効果の可視化に対するニーズの高まりを踏まえたうえで、企業のマーケティング・コミュニケーション活動に資するデータ活用手法の研究・開発を行い ます。


プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201810051552419260925467_752679.pdf