イベント

2015.10.18

10月18日(日)「化学週間」君たちの将来と化学の未来 - 東大で過ごす化学の週末 - 開催報告

昨年に続き、10月23日の「化学の日」にちなんだ「化学週間」特別イベント@東京大学を日本化学会、化学工学会、東京大学大学院理学系研究科、同工学系研究科、「夢・化学-21」委員会 主催、塩ビ工業・環境協会共催で開催しました。参加者は約80名、中学生、高校生、大人(保護者)がほぼ同数の構成でした。

藤田誠工学系研究科教授から、「化学と幾何学 〜多面体の定理を活かしたものづくり〜」のタイトルで講演をいただきました。プラトンの提示した5種類の正多面体を、金属と配位子で創り上げる研究の足跡は、中学生にも理解できるまさに世界最先端の研究で、藤田ワールドに引き込まれた1時間でした。塩ビ工業・環境協会による演示・実験や、国際科学オリンピック代表によるトークイベントも大変興味深く、あっという間の3時間でした。

当日の様子は、夕方6時のNHK全国版のTVでも放映されました。開始1時間近く前から来場していた熱心な高校生へのインタビューも含まれ、「化学の日」を皆さんに覚えて頂けるきっかけになったのではないでしょうか。

  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151018/k10010274311000.html
 

ご協力をいただいたみなさま、ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
日時:2015年10月18日(日)13:00-16:30 (12:30受付開始)
場所:東京大学大学院理学系研究科 小柴ホール
対象:主に中高生定員:150名(先着順)
主催:日本化学会、化学工学会、東京大学大学院理学系研究科、同工学系研究科、
        「夢・化学-21」委員会 共催:塩ビ工業・環境協会
 
【プログラム】
13:00-13:05 主催者挨拶 西原 寛 (東京大学大学院理学系研究科教授)
13:05-14:00 講演 藤田 誠(東京大学大学院工学系研究科教授)
14:10-15:00 演示・実験 塩ビ工業・環境協会(VEC)
15:10-16:00 トークイベント 国際科学オリンピック代表
16:00-16:30 ポスター・ビデオ
 
【申込み方法】
参加申込みは、日本化学会HPより事前にお願いいたします。
参加学生には、「化学の日」缶バッジと、「一家に1枚周期表」を差し上げます。
みなさま奮ってお申し込みください。
◇お問合せ先:日本化学会 担当 瀬田
E-mail : seta at chemistry.or.jp  (at を@に代えて送信ください)