化学システム工学科

化学システム工学科

学科のホームページはこちら

 

化学を基盤に、システム的思考で社会問題解決への具体的かつ永続的なビジョンを示します

 化学は人間の営みに深く影響を及ぼしています。「化学」に関わる要素知識の深化と「システム的思考」の融合により、対象の理解と統合をめざす「化学システム工学」は、真に豊かで永続的な社会の実現に貢献します。
 「化シス」では、人類の直面している課題、とりわけ環境・エネルギー、医療、安全・安心の分野で教育・研 究活動を行っています。これらのテーマは相互に関連しており、地球にとって、自然界にとって、人類にとって最適な解を見つけるためには、一つだけの事象を考えるのではなく、全体を俯瞰したシステム的思考が必要不可欠です。

教員紹介

この学科の教員紹介はこちら

分野・コース

化シスの研究室は以下のように多岐にわたりますが、現実の課題解決という明確な視座の下、互いに協力して活動しています。

環境 温暖化の根本的対策には、クリーンエネルギー開発が鍵です。地球規模のオゾン層破壊、都市部の光化学スモッグや水質汚染、室内のシックハウス等、規模は様々でも、微量物質 の化学反応過程と動態の理解・制御が重要です。
エネルギー 化石資源のエネルギー変換効率向上の為、燃焼の効率化や燃料電池等の新たな変換法を開発中です。また、将来の太陽光エネルギーシステム構築に向け、太陽電池・バイオマス・ 水素製造などに取り組んでいます。
医療 病気と闘うための医薬品や新規材料の開発・再生医療のための細胞組織、ならびにそれらを上手に製造し、医療現場で使用していくためのプロセス設計に取り組んでいます。
材料・デバイス 分子の化学反応を制御してナノマテリアルを合成し、マクロに集積してデバイスを実現することで、多様な分野で実社会に貢献しています。
産業応用 国内外企業との共同研究やインターンシップを積極的に行い、教育・研究活動に産業との強いつながりを持たせています。
安全・安心 爆発性や毒性等の科学的根拠に基づく安全担保が重要で、爆発物検知でテロ対策にも貢献しています。また医療ではデバイス開発に加え、ヒューマンファクターや社会工学的要因 を含め医療質改善・保証を進めています。

教育

 専門知識と周辺知識をバランスよく兼ね備え、分子から地球までを見わたせる「スペシャリストにしてジェネラリスト」を育成します。
 学部教育は、講義、演習、実験、卒業論文からなり、特に、輪講やグループ研究による学生参加型講義、講義と組み合わせた演習、余裕のある学生実験、学生の自主的取組を促す卒業論文を重視しています。 カリキュラムの内容は、物理化学、量子化学、化学反応論、有機化学、無機化学などの基礎化学、化学工学、反応工学、プロセスシステム工学、環境システム工学などの化学システム工学基礎に分類でき、環境調和型化学あるいは化学技術を新しい概念で実現するための「化学システム工学」に関連したテーマで卒業研究を行います。
 大学院教育では、基礎専門知識の深化、専門領域を横断する広い視点の獲得、最先端トピックスへのアクセス、体験型の学習手法などを重視しながら、以下の専門領域についてのカリキュラムを提供しています。
1.反応システム工学領域
2.材料システム工学領域
3.プロセスシステムデザイン領域
4.グローバルサステナビリティ工学領域
5.化学システムマネジメント領域
 また、リアルタイムの社会貢献も視野に入れて、産学連携活動も積極的に行っています。国内外へのインターンシップや企業で最先端の R&D に触れるプラクティススクールを行っています。

進路

 化学システム工学科の学部学生のほとんどが修士課程に進学します。修士学生は 2 割ほどが博士課程に進学します。
 化学システム工学科/専攻では、基礎化学から材料設計やシステムまで多くのことを学ぶため、幅広い分野に就職実績があります。化学系企業はもちろん、石油・ガス、電機関連のメーカーを中心に、近年では情報関連企業やシンクタンク等への就職も増えています。

修士学生の主な就職先
三菱化学、信越化学工業、住友化学、三井化学、旭化成、旭硝子、東レ、千代田化工建設、三菱重工業、ブリヂストン、 昭和シェル石油、日揮、東芝、日清製粉、日立製作所、宇部興産、昭和電工、住友電気工業、デュポン、トヨタ 自動車、日産自動車、三菱ガス化学、帝人、LIXIL、パナソニック、キーエンス、ボッシュジャパン、JX日鉱日石 エネルギー、花王、東京海上日動火災保険、丸紅、マッキンゼー、ボストンコンサルティング、アビームコンサルティング、アクセンチュア、三井住友銀行、総務省、塩野義製薬 


博士課程に進学した学生の多くは、大学等の公的機関や民間企業の研究職に就いています。

 (日本語のみ)