原子力専攻(専門職大学院)

原子力専攻(専門職大学院)

専攻のホームページはこちら

原子力専攻(専門職大学院)

原子力産業界や安全規制行政において指導的役割を果たす原子力専門家を養成する日本初「原子力専門職大学院」です

これからのわが国のエネルギーを支えるのは原子力であることは、誰もが合意するところです。このため、原子力発電所を始めとする原子力関連施設の安全確保、設計・建設、運転管理はもとより、新規プロジェクト、研究開発等すべての原子力分野において、着実に歩んでゆく土台を築かなければなりません。そこで、我々は原子力専攻(専門職大学院)を設立し、原子力利用において遭遇する様々な問題を理解し、自らの頭で考え解決できる能力をもつ人材、すなわち「問題解決能力を持つ原子力専門家」を育成することを目標としています。

教員紹介

この専攻の教員紹介はこちら

分野・コース

本専攻は専門職大学院であるため、コースと言う概念はありませんが、学生の修了後の進路目的に応じた履修モデルが提示されています。原子炉主任技術者取得を狙う学生には「原子炉専門技術者モデル」が、核燃料取扱主任者取得を狙う学生には「核燃料専門技術者モデル」が、行政官など広く原子力全般の素養獲得を狙う学生には「行政技術者モデル」がそれぞれ提示されており、学生個人のニーズに応じて選択科目を履修できます。

進路

原子炉主任技術者および核燃料取扱主任者の2つの国家資格は、原子力エネルギーの開発・利用において中核となる施設を建設・運転する企業等に対して必須のものとして国が求めており、電力会社や原子燃料サイクル関連企業、その他原子力に関係する産業界や独立行政法人・研究機関で最も重要視されています。原子力関係業界への就職を希望している場合には、就職後のキャリアアップのみならず、就職時の自己PR にもなるでしょう。

 

(日本語のみ)