原子力国際専攻

原子力国際専攻

専攻のホームページはこちら

原子力国際専攻

国際的な展開を見せる原子力工学の研究・教育を推進し、国内はもとより国際舞台においても活躍できる人材を輩出することを目的としています

地球環境と調和した持続可能な社会の構築に向けて、科学技術知見に基づく現実的な解決手段として、原子力エネルギーと放射線およびそれらの利用技術の教育研究を行っています。特に近年では、プラント輸出をも含む国際協力を担える、リーダーの育成が国から求められてきました。その実現のために、原子力エネルギーや放射線の利用といった技術的領域と原子力と人・社会との関係といった人文社会的領域を融合させた教育研究を、国際機関や海外有名大学への派遣などを含む国際協力によって行っています。

教員紹介

http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/faculty/をご覧ください。

分野・コース

研究分野は以下の通りであり、コースに分かれた研究教育は行っておりません。
(1)原子力エネルギー
資源を殆ど持たない我が国にとり、原子力エネルギーによる発電は、電力安定供給・エネルギー安全保障の点から見てもベース電源として欠かすことができません。福島第一原子力発電所事故を経験した我が国だからこそ、世界から求められている課題には、世界最高の安全な原子力発電の実現、福島第一原子力発電所の廃炉技術、使用済核燃料の核燃料サイクル技術、核セキュリティの確保、そして高速炉、核融合炉、高温ガス炉などの次世代原子力エネルギー技術開発、などがあります。これらの課題に取り組み解決する能力を身に付けた優秀な人材の輩出こそが、我々の果たすべき最大の貢献と考えています。
(2)放射線応用
原子力技術の誕生と発展は、X線や放射能、核分裂の発見、相対性理論や量子力学といった、ノーベル賞級の発見や研究と歩みを共にしてきました。放射線は、その発見直後から、医療診断や治療を中心に技術革命を起こしました。一世紀以上経った現在も、放射線と物質との相互作用を理解し、産業や医療、都市を支える新しい放射線技術を生み出す挑戦は続いています。今こそ、レーザーや加速器といった量子ビーム技術、情報・エレクトロニクス技術、量子力学に立脚したシミュレーションを駆使して、次のイノベーションを起こしましょう。
(3)モデリング&シミュレーション
原子力工学では、その安全の重要性から、コンピューターシミュレーションを駆使して製品設計および現象把握がなされます。また、高温・高放射線の極限環境にさらされ、直接観察することができないことが多いため、他の分野よりもモデリングに関する研究が活発になされています。現在、シビアアクシデントのような内部観察が極めて困難な原子炉内部の予測、廃止措置を円滑に進めるための条件検討、原子炉構成部材の照射損傷過程の予測・評価、世界エネルギーシステムモデルによる地球温暖化問題対策の評価、などが研究対象となっており、過去の経験では解決できない前人未踏の問題にチャレンジしています。
(4)材料
私たちが日頃何気なく手にしている素材や機器は、原子炉や宇宙といった過酷な環境でもそのまま使えるでしょうか。高放射線・高温・高圧の極限的な環境下で、物質がどのように振る舞うかを理解し制御することは、学術としても最先端で、また、原子力エネルギーの安全性と経済性を向上させるための鍵となります。原子1つ1つから地球規模、一京分の一秒から十万年という、空間的にも時間的にもマルチスケールな物理・化学現象の研究、加速器やシミュレーションを駆使した研究が、革新的な新材料や新素材を創出します。

教育

本専攻の講義科目は、
1. 原子力コア科目、
2. 専門基礎科目、
3. 特論科目
の3種類に分類され、講義は原則英語で実施されます。
また、講義科目以外に、体験型学習として
4. 輪講・演習・実習科目
も設けています。なお、外部講師によるオムニバス形式の特別講義も開講される場合があります。

進路

原子力工学で培った技術は産業界の様々な分野に応用できます。原子力国際専攻でおこなっている研究は理工学の様々な分野と密接に関連しています。そのため、本専攻は社会の第一線で活躍する優秀な人材を多く輩出し、OB/OGのネットワークは世界中にはりめぐらされているため、就職に有利です。卒業生は、製造業・サービス・金融・IT・コンサルティング・官公庁・財団・大学・研究機関など、幅広い分野に就職しています。詳しくは、http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/career/をご覧ください。

  

(日本語のみ)