マテリアル工学専攻

マテリアル工学専攻

専攻のホームページはこちら

マテリアル工学専攻

全ての工学に通じるマテリアルを基盤に、様々な分野で新たな地平を拓いていく人材を養成します

技術社会発展の機軸となる構造物やデバイスの進化には、それを構成するマテリアルの進化が極めて重要な役割を果たします。その進化のために新しいマテリアルを創製する"DESIGN OF MATERIALS"、新たなマテリアルを生み出す革新プロセスや環境に配慮したマテリアル生産プロセスを開発する"DESIGN FOR MATERIALS"、さらには、様々なマテリアルが構造物やデバイスとして機能するまでを考え、マテリアルのリサイクルなども視野に入れた技術を開発する"DESIGN WITH MATERIALS"の3つのコンセプトを三位一体で統合させ、人類の幸福を目指した技術社会の実現を目指して研究・教育に取り組んでいます。

教員紹介

この専攻の教員紹介はこちら

分野・コース

学部とは異なり、大学院はコース制をとっていません。バイオマテリアル系、環境・基盤マテリアル系、ナノマテリアル系の各教員の研究室には学部でのコース制とは関係なく進学することが可能です。
いずれの研究室においても、マテリアルの原理を深く追求し、科学の基盤の拡大と新たな科学の創出を目指す研究、マテリアルのさまざまな機能を見出し創造し、そのシーズを新たなテクノロジーにつなげる先進・先導的な研究、技術や環境などの革新、人類の幸福をもたらす次世代技術の実用化につながる社会貢献度の大きい研究が、次々と進められています。

教育

大学院では、材料科学に関する専門基盤教育と研究を行なっています。本郷キャンパスだけでなく、生産技術研究所,先端科学技術研究センター,宇宙航空研究開発機構において最先端の研究を行うことができます。現在,世界トップレベルの6大学のマテリアル工学専攻と教育・研究ネットワークを構築しています。この各国を代表するマテリアル工学専攻における連携は、マテリアルの教育・研究を相乗的に発展、充実させるもので、ワークショップの開催、学生の研究派遣、教員の招聘など活発に交流を行うことで、世界で活躍できる人材を育てることを理念としています。

進路

平成21-28年度の学部卒業生・大学院修了生(合計)の進路割合

  • エネルギー・機械・重工関連 17%
  • マテリアル・化学関連 38%
  • 電気・電子関連 16%
  • 大学・官庁・研究所関連 9%
  • 情報・ソフト・コンサルタント・流通関連 20%

主な就職先:

エネルギー・機械・重工関連
トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、スズキ、ダイハツ工業、富士重工業、三菱重工、豊田自動織機、関西電力、東京ガス、ファナック、日揮 etc

マテリアル・化学関連
新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所、日新製鋼、日本板硝子、旭硝子、IHI、東レ、テルモ、三菱化学、三井化学、住友電気工業、フジクラ、三菱マテリアル、日東電工、帝人ファーマ、INCS、日本ガイシ、富士フィルム、花王、アステラス製薬、武田薬品工業 etc

電気・電子関連
日立製作所、富士通、日本電気、シャープ、東芝、ソニー、パナソニック、キヤノン、ニコン、TDK、古河電工、東京エレクトロン、ルネサスエレクトロニクス etc

大学・官庁・研究所関連
東京大学、物質・材料研究機構、産業技術総合研究所、経済産業省、総務省、国土交通省、特許庁、国立印刷局、神奈川科学技術アカデミー、電力中央研究所、ファインセラミクスセンター

情報・ソフト・コンサルタント・流通関連
NTTデータ、ソフトバンクテレコム、全日本空輸、東日本旅客鉄道、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三菱商事、住友商事、三菱総合研究所、野村総合研究所、大和総研、電通 etc

マテリアル工学科へようこそ

 

(日本語のみ)