建築学専攻

建築学専攻

専攻のホームページはこちら

建築学専攻

「住まいから都市までを築く創造力」「建築・都市の設計を行う人材を育みます」

人類の遺産である古建築、集落の保存や復元、現代都市の象徴である超高層建築、生活基盤となる住宅生産、維持保全、我々の生活を脅かす地震・火災・台風等に対する安全性の確保、耐震診断・補強、快適な生活条件を作るための冷暖房・照明、都市の建設や再開発など、建築学の扱う範囲は極めて広く、社会とのかかわり合いも密接です。これらの個別の分野別に、より高度な知識を身に付けた専門技術者や研究者を養成するのが建築学専攻の大学院です。大学院教員は、本郷の建築学専攻の教員の他、地震研究所、生産技術研究所、大学院総合文化研究所の教員からなります。

教員紹介

この専攻の教員紹介はこちら

分野・コース

建築学専攻にはコース分けはありません。

教育

建築学専攻の分野には、大きくわけて構造系分野・計画系分野・環境系分野があります。構造系は主として構造物としての建築を取り扱う分野で、力学を基礎とする建築構造のほか、材料工学、建築構法、建築生産などが含まれます。計画系は、主として空間としての建築を扱う分野で、人間生活との対応を扱う建築計画、建築デザイン、建築史などが含まれます。環境系は、建築物を人工環境として捉えた場合の構成要素である、空調、照明、給排水、音響などを扱う分野で、環境工学、建築設備などが含まれます。
修士課程では、講義・演習と研究を行います。講義・演習は必修科目を設けておらず、自主的な選択により幅広い講義や演習の中から履修科目を選択できるカリキュラムとなっていますが、前述の各分野のうち各自の専門分野を中心とした講義・演習を履修し、高度で専門的な知識の習得を目指す学生が多くなっています。また、入学時に選択した指導教員の下でより専門的な研究活動を行います。
博士課程では、建築倫理の履修が必修となっていますが、その他の講義・演習はなく、専ら研究に従事します。入学時に選択した指導教員の下で最先端の専門的な研究活動を行い、研究者としての能力の涵養を図ります。

進路

求人希望を組織別に分けると、官公庁、設計事務所、建設会社等があり、業務内容で分けると、行政、設計、施工監理、その他となります。この他、研究教育者として建築関係の学科をもつ大学に進むものや、研究者として官庁や建設会社に附属する研究所に就職するものがありますが、それらは大学院修了者が主となります。
このうち、設計事務所は設計業務を専門とするもので、建設会社には、設計業務と施工監理の業務部門があります。また設計業務には、建築をデザインするいわゆるアーキテクトの業務、構造設計あるいは設備設計を主とするエンジニアリング的な業務があります。また最近では、住宅・不動産の分野に進み大きな開発の企画やシステムの設計を行うものなど進路の範囲は広がっています。




ワークショップ(スタンフォード大他)

ワークショップ(被災地にて)

建物

 

(日本語のみ)