'工学部/工学系研究科 トピックス' blog (64135453833) of hub id 20511701

工学部/工学系研究科 トピックス

応用化学専攻 辻村真樹さん (M2) が「第59回 日本生物物理学会年会 学生発表賞」を受賞されました

 

応用化学専攻 辻村真樹さん (M2) が「第59回 日本生物物理学会年会 学生発表賞」を受賞されました。


<受賞した賞の名称と簡単な説明>
第59回 日本生物物理学会年会 学生発表賞
学生の優れた口頭発表に対して授与される賞

<受賞された研究・活動について>
アニオンチャネルロドプシン(ACR)は光に応答して陰イオンを透過する膜タンパク質です。ACRを神経細胞に発現させると、光の照射によりその神経細胞の活動を「オン」から「オフ」へ切り替えることができる性質から、ACRは脳機能の解明や、神経活動が関わる疾病の治療への応用が進められています。ACRには陰イオンの透過に必須であるアスパラギン酸残基があります。そのアスパラギン酸残基の水素イオンの解離状態は明らかにされておらず、ACRの反応メカニズムを詳細に解明するために、水素イオンの解離状態を同定することは必須でした。私たちは、分子動力学法やquantum mechanical/molecular mechanical (QM/MM) 法などの理論化学的手法と生化学的手法を組み合わせて、ACRの変異体が吸収する光の波長を解析しました。鍵となるアスパラギン酸は、これまでの定説と異なり水素イオンを解離した状態で存在することが示され、反応中に分子内で起こる水素イオンの移動に関わる機構が明らかになりました。

<今後の抱負・感想>
このような賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。多くのディスカッションをしていただいた石北研究室の皆様、岡山大学学術研究院医歯薬学域 須藤研究室の皆様に感謝申し上げます。今回の受賞を糧に、光遺伝学ツールの開発に貢献する研究ができるように努めてまいります。