トピックス

2021.05.13

【受賞/表彰等】電気系工学専攻 松浦賢太郎 D1(受賞時)

2021年3月23日、電気系工学専攻 博士課程1年(受賞時)松浦賢太郎さんが、電子情報通信学会無線電力伝送研究会(WPT研究会)若手奨励賞を受賞されました。



<受賞した賞の名称と簡単な説明>
電子情報通信学会無線電力伝送研究会(WPT研究会)若手奨励賞
若手奨励賞は、WPT研究会の通常講演において優秀な論文を発表した33歳以下の発表者に対して贈られる賞です。

<受賞された研究・活動について>
松浦賢太郎,小渕大輔,成末義哲,森川博之,“磁界共振結合型無線電力伝送における自律的二次側共振周波数補正機構の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告,WPT2020-26, Dec. 2020.
磁界共振結合型無線給電は最大1m程度の伝送距離を高効率に給電可能であることから、電気自動車やモバイル機器の充電手段としてその応用が期待されています。しかし、受電器周辺に金属や水などが存在すると、その影響を受けて受電器の共振周波数が変化し、無線給電の効率が低下してしまうという課題がありました。そこで本研究では、純電子的な部品で構成された可変リアクタにより共振周波数変動の影響を打ち消す二次側共振周波数自律補正機構を開発し、理想的でない動作環境下であっても高効率かつ安定した給電が可能な無線給電システムを実現しました。

<今後の抱負・感想>
この度は光栄な賞をいただき大変嬉しく思っております。無線給電システムの普及に向けては、どのような環境でも安定した給電を可能にすることが必要だと考えています。今後はより実環境に即したアプリケーションにおいて提案手法の有効性を示していきたいと思います。