トピックス

2021.03.05

【工学系研究科長・工学部長ビデオメッセージ】国際女性デー

 
工学系研究科長・工学部長の染谷隆夫です。 3月8日は国際女性デーです。今年のテーマは「リーダーシップを発揮する女性たち:コロナ禍の世界で平等な未来を実現する」です。このテーマのとおり、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、難しい局面を打開する女性リーダーの力強さが世界で注目を集めています。工学系研究科・工学部においても、世界で学術分野を率いる女性研究者や、次世代リーダーとして羽ばたく女子学生が、活躍しています。教育・研究の世界において、その能力に性差はありません。私達は、多様な専門性を有する研究者が、お互いを尊重し、協力しあい、そして切磋琢磨していく中で、イノベーションが生み出されていくと考えています。 一方で、出産・育児・介護などのライフイベントに伴う負担が女性に偏るという問題が、コロナ禍にあって顕在化しています。私達は、教育・研究の分野において、男女共同参画に関する意識を高めていきます。そして、意欲ある全ての人たちが、性別、年齢、国籍などに関わらず、やりがいを持って働き続けるための環境を全力で整えていきます。その手始めとして、工学系研究科では、出産・育児を迎えた任期付きの女性教員や研究員が職務に復帰する際に、円滑なキャリア継続を図るための制度をこの春から始めます。今後も、構成員のみなさんの声に耳を傾け、積極的にダイバーシティの推進に取り組んで参ります。みなさんのご理解とご支援をよろしくお願いします。