トピックス

2020.09.25

【受賞/表彰等】電気系工学専攻 川原圭博教授、成末義哲助教らの研究が、ACM Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT)において、Distinguished Paper Awardを受賞しました。

この賞は、ユビキタスコンピューティング分野のトップジャーナルであるProceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT)に2019年に採択された論文の中で、特に優れた論文に対して送られる賞です。今年は全部で166本の論文のうち6本が受賞しました。

関連リンク:https://dl.acm.org/doi/10.1145/3332533

<受賞者> 
角谷和宣:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 修士課程2年(当時)
笹谷拓也:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 博士課程3年
西澤勇輝:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 修士課程2年(当時)
對尾健二:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 特任研究員(当時)
成末義哲:大学院工学系研究科電気系工学専攻 助教
川原圭博:大学院工学系研究科電気系工学専攻 教授


<受賞された研究・活動について>
Kazunobu Sumiya, Takuya Sasatani, Yuki Nishizawa, Kenji Tsushio, Yoshiaki Narusue, and Yoshihiro Kawahara, “Alvus: A Reconfigurable 2-D Wireless Charging System,” PACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (ACM IMWUT), Vol. 3, No. 2, Article No. 68, June 2019.

自由な形状の給電領域を手軽に構成できる二次元無線給電システムを提案しました。ユーザーは机・棚・床・壁といった平面に対して六角形の共振器モジュールを敷き詰めるだけで、その平面の上であれば任意の場所で電子機器に給電が行えるようになります。


<今後の抱負・感想>
名誉ある賞を頂戴し、共著者一同大変光栄に思っております。
提案した無線給電システムの普及に向け、今後も研究を続けてまいります。