トピックス

2019.04.23

【受賞・表彰等】化学システム工学専攻 田中伸明さん(M2)が、化学工学会第84年会 (ポスターセッションC)最優秀学生賞を受賞されました。

化学システム工学専攻 田中伸明さん(M2)が、化学工学会第84年会 (ポスターセッションC)最優秀学生賞を受賞されました。

 

<受賞された研究 受賞された研究 ・活動について>

タイトル:腫瘍環境特異的に活性を発現する光増感剤封入有機半導体ポリマーナノ粒子/金ナノ粒子集積体の開発

内容:光線力学的療法とは、光増感剤を体内に投与し、患部に光を照射する治療法である。光照射によって光増感剤から一重項酸素が生成され、これが腫瘍に障害を与える。しかし、現在使用されている光増感剤には、自然光で正常組織も障害してしまう副作用等が存在する。本研究では光増感剤を有機半導体蛍光ポリマーナノ粒子内へ封入し、さらにこれを光反応のクエンチャーである金ナノ粒子と集積化したキャリアを開発した。腫瘍環境に応答して集積体が開裂するように設計を行うことで、正常組織では金ナノ粒子との集積化によって光反応がクエンチされ、腫瘍環境でのみ特異的に光活性と細胞障害性を発現できることを示した。これにより、正常組織での副作用を抑え、腫瘍でのみ細胞障害性を発現する光線力学的療法の実現が可能になると期待される。

<今後の抱負・感想>
伊藤大知准教授と太田誠一助教のご指導のおかげで研究を進めることができ、このような賞を獲得することが出来ました。お二人の教えを胸にこれからの社会人生活も頑張っていきたいと思います。