トピックス

2019.03.28

【受賞・表彰】東京大学は、3月22日付けで、堂免 一成教授 化学システム工学専攻 に対して「特別教授」の称号を授与することを決定しました。

東京大学では、今年度新たに「特別教授制度」及び「特命教授制度」を創設しました。

特別教授:
卓越教授とともに、本学における研究力の維持・強化、本学研究の世界的プレゼンスの向上を目的として、国内外において現に極めて評価の高い研究を遂行しており、その継続・発展が期待され本学にとって極めて重要と考えられる者に「特別教授」の称号を付与し、最長75歳まで研究に専念するもの

特命教授:
本部関連の運営業務の安定的遂行、現役教員の研究教育時間確保と運営業務の負担軽減を目的として、大学運営に必要な業務の経験や専門性を有する者に「特命
教授」の称号を付与し、最長75歳まで大学運営業務に従事するもの
今般、本学として初めて、特別教授4名、特命教授1名を決定いたしました(4月1日付け発令予定)。

堂免教授の「特別教授」授与は東京大学の第一号となります。堂免教授は3月で定年で工学系を「退職」されますが、東京大学には引き続き、特別教授として、在籍されます。

東京大学卓越教授、特別教授、特命教授の称号授与決定:https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400112595.pdf