トピックス

2018年8月19日、工学部航空宇宙工学科の有志チーム(The Wright Staff)が第14回能代宇宙イベントで優勝(CANSATフライバック部門)しました。


チーム名 The Wright Staff
メンバー
小林光亮  工学部航空宇宙工学科 3年
須田健太  工学部航空宇宙工学科 3年
豊島拓   工学部航空宇宙工学科 3年
藤澤天馬  工学部航空宇宙工学科 3年
荒井達也  工学部航空宇宙工学科 3年
甲斐翔子  工学部航空宇宙工学科 3年
真鍋亜裕斗 工学部航空宇宙工学科 3年

<受賞した賞の名称と簡単な説明>
第14回能代宇宙イベント CANSATフライバック部門 優勝
能代宇宙イベント:国内から約40チームほどの大学が集まり、大きめの缶に入る衛星=缶サットの性能を競う大会 
http://www.noshiro-space-event.org/index.html

<受賞対象業績>
従来の缶サットで多く見られていた、パラシュートで地上に降ろしたローバーでゴールを目指すランバックではなく、空中でカプセル・飛行機を展開しゴールを目指すフライバックに挑戦。能代宇宙イベントで大会史上初となる、固定翼機の自動操縦による安定飛行に成功し、記録157mで優勝。

<今後の抱負・感想>
今回、飛行に成功したばかりか、このような賞をいただくことができ、心よりうれしく思います。次は、いよいよ9月中旬にアメリカで行われる世界的な缶サット大会(ARLISS)の記念すべき20周年大会があります。お世話になっている方々に恩返しできるよう、また、アメリカで私たちの機体をはばたかせることができるよう、チーム一丸となって開発を続けていきます。

 


国際工学教育推進機構プロジェクト型工学教育センターでの記念撮影
(工学部8号館地下2階0037)センター職員の支援も受けながら機体を製作


会場にて


受賞風景

 
賞状

 
機体


大会風景

 

大会風景動画はこちらからご覧ください。(ブラウザによってはご覧いただけない事もございます)