トピックス

2018.04.19

【受賞・表彰等】スピントロニクス学術連携研究教育センター/電気系工学専攻 小林 正起准教授が、日本物理学会において、第12回(2018年)日本物理学会若手奨励賞を受賞されました。

東京大学工学系研究科の小林正起准教授が、放射光を用いた磁性半導体の電子状態解析の内容で、第12回日本物理学会若手奨励賞を受賞されました。
2018年3月23日に日本物理学会第73回年次大会において表彰され、受賞記念講演「放射光を用いた電子構造解析による磁性半導体の強磁性機構解明」を行いました。

http://www.jps.or.jp/activities/awards/jusyosya/wakate2018.php#r5

受賞記念講演タイトル:
「放射光を用いた電子構造解析による磁性半導体の強磁性機構解明」

 

<今後の抱負・感想>
このたびは名誉ある賞をいただき、大変光栄に存じます。将来のエレクトロニクスの発展を目指して、より一層放射光を用いた電子構造研究に励む所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。