プレスリリース

2020.09.29

ポーズをとるだけでカスタムメイドできる風船構造モビリティを開発〜たたんで持ち運べる自分だけの乗り物〜:電気系工学専攻 川原 圭博 教授、情報理工学系研究科  新山 龍馬 講師、佐藤 宏樹 学術支援専門職員ら

東京大学大学院情報理工学系研究科の新山龍馬講師らは、東京大学大学院工学系研究科の川原圭博教授が総括する科学技術振興機構(JST)ERATO川原万有情報網プロジェクトおよび株式会社メルカリの研究開発組織「mercari R4D(アールフォーディー)」(以下、R4D)との共同研究プロジェクトの中で、ポーズをとるだけでカスタムメイドできる風船構造を使ったパーソナルモビリティpoimo(ポイモ)を開発しました。
専用のソフトウェアを使って欲しい乗り物をイメージしたポーズを撮影するだけで、ユーザーそれぞれの体格や乗り方に合ったパーソナルモビリティが、専門家でなくても簡単に設計することができます。風船構造は、丈夫な布地を切り抜いて自由な形状で製作できるため、カスタムメイドに適しています。車体だけでなくステアリングや車輪まで風船構造で作られているため、従来のモビリティと比較して軽量でやわらかく、空気を抜いて折りたたむこともできます。従来のパーソナルモビリティとして電動アシスト自転車や電動スクーター、電動立ち乗り二輪車などがありますが、カスタムメイドできるものではありませんでした。また、使っていない時の置き場所や持ち運び方法が課題でした。本研究で開発したpoimoは、膨らませれば普通のバイクや車いすのサイズになり、空気を抜いて折りたためばコンパクトに収納でき、手軽に持ち運びが可能です。本研究を通じて、新しい形のモビリティの提案と、誰もが自分に合った移動手段を獲得できるインクルーシブな社会の実現に貢献します。




プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_202009291356089404326997_221489.pdf

YOUTUBE:https://www.youtube.com/embed/HgFTZsKX2k4

poimo:https://poimo.akg.t.u-tokyo.ac.jp/home

KAWAHARA LABORATORY:https://www.akg.t.u-tokyo.ac.jp/archives/3356