プレスリリース

2019.11.15

SNSユーザの行動・つながりデータ可視化システムの共同研究開始のお知らせ : 電気系工学専攻 矢谷 浩司准教授

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻矢谷研究室(インタラクティブ・インテリジェント・システム・ラボ)とALPHABOAT合同会社(東京都渋谷区、社長 西谷大蔵)は、共同にてSNSユーザの行動・つながりデータ可視化システムの研究を開始いたします。具体的には、インスタグラムをはじめとするSNS上におけるユーザの行動分析およびその分析結果を、HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)によるプロファイリングにより、SNS利用者自身に向け情報可視化するプロトタイプシステムの開発を行います。分析結果を一般のユーザが理解可能な形に可視化することで、例えば自分をフォローしているフォロワーにどのような特性や傾向があるのか、自分の発信した情報がどのように拡散されているか、などを把握できるようにし、SNSユーザが自分自身の行動をどのように深く振り返ることができるか、を検証する予定です。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201911151312465555055854_186642.pdf