プレスリリース

2019.11.15

室温でも音波とスピン流は共鳴する -スピンを利用した環境発電素子の性能向上に期待-:物理工学専攻 齊藤 英治教授ら

東北大学材料科学高等研究所のRafael Ramos(ラファエル ラモス)助教と橋本祐介助教、東北大学金属材料研究所の日置友智氏(大学院博士課程・日本学術振興会特別研究員)、東北大学材料科学高等研究所・金属材料研究所の吉川貴史助教と東京大学大学院工学系研究科の齊藤英治教授(東北大学材料科学高等研究所・金属材料研究所兼任)らは、Lu2BiFe4GaO12からなる薄膜を作製し、この試料において、室温かつ低磁場な環境においても音波(フォノン)がスピン流を増幅することを明らかにしました。

本成果は2019年11月14日に「Nature Communications」オンライン版で公開されました。 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201911151131196766173800_556346.pdf

Nature Communications:https://www.nature.com/articles/s41467-019-13121-5

科学技術振興機構(JST) : https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191114/

東北大学:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/11/press20191115-02-spin.html

東北大学材料科学高等研究所(AIMR):https://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/jp/news/press/2019/20191115_001199.html

東北大学金属材料研究所:http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/news/results/detail---id-1174.html

日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP523319_T11C19A1000000/