プレスリリース

2018.10.23

核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出 -スピントロニクスに新たな可能性- : 物理工学専攻 塩見雄毅特任講師、齊藤英治教授ら

東北大学金属材料研究所の塩見雄毅助教(現 東京大学大学院工学系研究科特任講師)とヤナ・ルスティコバ氏(大学院博士課程・日本学術振興会特別研究員)、東北大学材料科学高等研究所の齊藤英治教授(現 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授兼任)らは、原子核の自転運動であるスピンの共鳴運動から生じたスピン流の検出に成功しました。この成果により、従来、金属中の伝導電子や強磁性体中のスピン波が主な研究対象となっていたスピントロニクスという固体素子研究に、核スピンを取り入れる可能性が拓かれました。

本成果は2018年10月22日(英国時間)に「Nature Physics」オンライン版で公開されました。

 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201810231052458523972818_221203.pdf

Nature Physics : https://www.nature.com/articles/s41567-018-0310-x

東北大学 材料科学高等研究所 : https://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/jp/news/press/2018/20181023_001089.html

科学技術振興機構(JST): https://www.jst.go.jp/pr/announce/20181023/index.html