イベント

2015.08.08

第20回 東大テクノサイエンスカフェ 「一分子イメージング最前線」

2015年8月8日(土)、第20回東大テクノサイエンスカフェ「一分子イメージング最前線」を開催いたしました。小学生22名、中学生16名、保護者35名の参加をいただき、最先端のご講演プラス「くるくる回るタンパク質を見てみよう」実験と、超解像顕微鏡を始めとするニコン様のコアラボラトリー見学を行いました。2014年ノーベル化学賞受賞の超解像顕微鏡だけでなく、共焦点顕微鏡や、軟骨と硬骨を染色の違いで観察する光学顕微鏡など、大人にも十分楽しめる見学準備をいただきました。参加者からは、
「ピペットマンを初めて使ったのでびっくりしました」(小6・女子)
「タンパク質にたくさんの種類があり、回るものや体になくてはならないものもあることを知りま
  した」(小5・男子)
「とても分かりやすい解説だったので、こういう実験の楽しさが分かりました。最先端の顕微鏡も
  実際に見られてすごく学校で使っているのとは違い、驚きました。」(中3・女子)
「コアラボの顕微鏡は想像以上に、素晴らしかったです。娘の興味が広がってくれればと思います。
  ありがとうございます」(保護者)
「小5の子供にとって、かなりハイレベルな実験を体験することができ、充実した時間になったと思
  います」(保護者)
「ニコンさんの貢献にも驚きました。設備も説明もとても興味を引かれ、素晴らしいお仕事だと思
  います。勉強になりました」(保護者)

と言った感想をいただきました。 2人一組の実験がなかなかうまくいかなかったり、保護者の方と別々の席になり、お子様の様子がわかりにくかったなど、運営上の不手際もあり申し訳ありませんでした。 今回は場所が医科学研究所だったことで、医科学研究所にも多大なご協力をいただきました。ニコン様のご協力も本当にありがとうございました。 今回もたくさんの方のご協力で開催したテクノサイエンスカフェ、お楽しみいただけたでしょうか?残念ながら参加できなかった方のために、少しお時間をいただきますが、後日東大TVでの公開を予定しています。

sm-DSC_0181.jpg

 

sm-DSC_0143.jpg sm-DSC_0158.jpg

sm-DSC_0164.jpg sm-DSC_0167.jpg 

sm-DSC_0170.jpg sm-DSC_0160.jpg

 

日時:平成27年8月8日(土)14:00-17:30

プログラム:

【講演・実験】

・くるくるまわるタンパク質分子を見てみよう (東京大学工学部 応用化学科 田端和仁講師)

【講演】

一分子イメージング最前線 -超解像顕微鏡の原理-

【見学】

顕微鏡コアラボラトリー見学

 

場所:東京大学白金台キャンパス 医科学研究所2号館大講義室

        http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam04_01_09_j.html

定員:40名(保護者を含まず) ・申し込み多数の場合は抽選

参加費:無料

主な参加対象:小学生(高学年)・中学生とその保護者

お申し込み受付は終了しました。

 

tsc20150808.jpg

主催:東京大学大学院工学系研究科

共催:東京大学医科学研究所

協力:東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻、株式会社ニコンインステック

連絡・問い合わせ先:東京大学大学院工学系研究科・工学部 広報室

        お問い合わせはメールでお願いいたします。

        メールアドレス: kouhou[at]pr.t.u-tokyo.ac.jp

※Eメールアドレスの@は[at]と書き換えています。メールを送信する際はご注意ください。

携帯電話では、PCからのメールが受信拒否になっている設定もあります。こちらからの連絡が届かないケースがありますので、ご確認ください。