イベント

Deans’ Forum※のメンバーである東京大学とKTH(スウェーデン王立工科大学)が協働して,両大学の学生を対象に「東大‐KTH Deans’ Forumオンライン言語交換プログラム」(Deans’ Forum Language Tandem)を開始します。言語交換とは、お互いに使っている言語を教え合い、学び合う言語活動です。
申し込み後、参加可の連絡があった方は、ガイダンス説明会(最初の15分は東大生のみ)に出席して、活動内容について説明を受けてください。その後、両大学のプログラム担当者が、適切なパートナーを紹介します。パートナー同士の都合の良い日時に、英語・日本語(その他スウェーデン語なども可)で言語交換しながら会話します。
皆さんの参加を楽しみにしています。

対象学生:学部学生・大学院学生
対象部局:全学部・研究科等
参 加 費:無料
募集人数:15名~20名程度
申込締切:10月16日(土)
※募集人数に達した場合、早めに申し込みを締め切る場合があります。
申込方法・詳細:
・以下の工学系研究科国際工学教育推進機構のウェブサイトを参照してください。
https://global-eng.t.u-tokyo.ac.jp/program/olcep.html

【全体説明会(ガイダンス)】
日 時:2021年11月4日(木)18:45 – 20:00 ※オンラインで開催

注意事項:
・ガイダンスへの参加は必須となりますので、上記ガイダンスに参加可能な方のみご応募ください。
・日本語が母語でない方のプログラム参加条件として、高い日本語会話能力をお持ちの方とします。
・応募人数の調整により、三人のグループに割り当てられることがあります。
・応募多数の場合は、両大学での人数調整のため、参加者を選考する場合があります。11/1(月)頃までに、両大学からの応募人数に基づき、プログラム参加の可否を連絡します。応募者多数の場合、工学系研究科・工学部所属の方を優先します。

【※Deans’ Forumとは】
Deans’ Forumは、高度人材の育成に資する工学教育と工学研究、ならびにそれを支える組織の在り方について包括的に議論を行い、未来志向の協調と連携を探索することを目的に設立された、世界の工学系トップ大学の枠組。2011年11月に東京大学本郷キャンパスで開催し、共同声明を発表した第一回全体会合以来、工学系の学部長(Dean)または学長に加え、IBMを初めとする一流国際企業の代表で定期的に会合し、未来志向の協調と連携のかたちを探索してきた。
現在のメンバー大学は、ケンブリッジ大学(Cambridge)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)、フランスグランゼコール群(French Grandes Ecoles)、インペリアルカレッジロンドン(Imperial)、スウェーデン王立工科大学(KTH)、マサチューセッツ工科大学(MIT)、オクスフォード大学(Oxford)、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)と東京大学(UTokyo)である。

プログラムに関する問い合わせ:
工学系研究科 国際工学教育推進機構 内堀朝子准教授
Email: utokyo.olcep@gmail.com

申し込みに関する問い合わせ:
工学系・情報理工学系等 国際推進課内Deans’ Forum 事務局
Email:deans-forum-secretariat@oice.t.u-tokyo.ac.jp