イベント

第2回 東大テクノサイエンスカフェ 「合気道×力学」

2011年7月3日

東京大学大学院工学系研究科・工学部では、“工学の魅力を伝える”活動の一環として、2011年7月3日東大テクノサイエンスカフェ「合気道×力学」を開催しました。

機械情報工学科 中村研究室がロボットや「脳を創る」研究の一環で開発した「筋活動解析」の手法を用い、合気道準師範・システム創成学科准教授 木村浩先生による合気道実演も交えて、「合気道の技」の解析を試みました。

合気道の道着を着た小学生から、一般の方を含めて、約100名の参加を頂き、実演と解析・対談で2時間があっという間に過ぎて行きました。

当日の様子は、広報室員のブログにも記載しましたので、ご覧いただけますと幸いです。
http://d.hatena.ne.jp/ut-tlounge/

また、今回参加いただいた関東第一高等学校のみなさんが、素晴らしい記事を書いてくださいました。
関東第一高等学校のページからご覧いただけます。

東京大学大学院工学系研究科・工学部では、今後も、みなさまに楽しんで頂ける企画を定期的に開催していく予定です。

次回は、2011年7月23日の「水でできたプラスチック -アクアマテリアル-」、2011年9月10日には、「カーボンナノチューブと未来のエレクトロニクス」を予定しています。どうぞお楽しみに。(イベント情報からご覧ください)

 

(日本語のみ)