活動・活躍

目次

若手研究者インタビュー~取材者:研究科長~

 

 

 

 

早矢仕晃章 助教(システム創成学専攻)
ヒトとデータを巡るあらゆる営みを解明
――未観測事象のデータ化とデータ流通エコシステムのデザイン――
小宮山諒一 准教授(原子力国際専攻)
カーボンニュートラル実現への道はどうなる?
――エネルギーシステムをモデル化して未来を探る――
波田野明日可 講師(機械工学専攻)
計算機の世界で動き出す生きた心臓
――ミクロの細胞の機能を解き明かす生体シミュレーション――
太田誠一 准教授(総合研究機構/バイオエンジニアリング専攻/化学システム工学専攻)
「機能性ナノ粒子」の力を医療分野で引き出す技術
――化学工学の知見で実現する、がん治療から早期診断まで――

伊藤恵理 准教授(航空宇宙工学専攻)
アジアの空に航空交通管理の仕組みを創る
――人と航空機が協調し、環境を守るシステムを目指して―― 

秋山みどり 特任助教(化学生命工学専攻)
ゼロから分子を作りたい!
――分子の魅力を多面的に引き出す知的オリンピック――
山田崇恭 准教授(総合研究機構)
数学から生まれる「最適」なものの形
――丈夫さ、作りやすさ、使いやすさのすべてを満たす設計とは?――
安楽泰孝 准教授(バイオエンジニアリング専攻
どんな薬でも脳へ送る薬の「運び屋」ナノマシン
――生体バリアを自在にくぐり抜ける体の中の「はやぶさ」を作る!――
山田裕貴 准教授(化学システム工学専攻
究極の電池が環境・エネルギー問題を解決する
――教科書を超える新しい反応を持った材料を“一から設計”――
江島広貴 准教授(マテリアル工学専攻)
植物に、貝に学ぶ高機能ポリマーの実現を目指して
――世界の科学者が驚愕した研究は“自由”から生まれた――
武田俊太郎 准教授(物理工学専攻)