「工学」それは意思を実現する体系

専攻紹介

学科のホームページへ

精密工学専攻

未到の精密領域への探検と価値創造のためのリーディングテクノロジー

精密工学専攻は、その設立当初より、計測技術・メカトロニクス・加工技術などを基盤技術として、精密科学機器、生産技術などの諸分野において教育・研究を行い、多くの優れた成果・人材を生み出してきました。モノ作り技術と生産設備技術の先鋭化 (「超」精密の極みであるナノ・マイクロ技術)人と機械の融合に基づく新技能開拓(医用精密(機械化手術),運動機能代替(サイボーク化技術))超物理現象の積極的利用(見えないものを見る技術,染み出す光,神経細胞の栽培,へばりつく金属など)環境や人体・健康のためのモバイルテクノロジー,当専攻がカバーする領域は、このように,日本人が最も得意とするマイクロ化技術と,理系学問でしかなしえない新技術の専門的開拓を行います.

教員紹介

この専攻の教員紹介はこちらをご覧ください。

分野、コース

本専攻は、コース別に分けられておりません。

教育

進路

本専攻は、科学技術やものづくり産業に貢献しています。主な就職先は、

  • 産業界
    精密・光学・電気機器(ニコン/セイコー/ファナック 他) 車・機械・鉄鋼・金属(トヨタ自動車/日産自動車/デンソー/新日鉄 他) 通信・エネルギー・鉄道・その他(NTT東日本/NTTドコモ/野村総研 他)
  • 大学・公的研究機関 
    大学/研究機関(東京大学/大阪大学/産総研/理研/宇宙航空研究開発機構 他) 
  • 官公庁  
    経産省/文科省/特許庁/国交省 他

ページの先頭へ

前ページへ


ページの先頭へ

前ページへ