トピックス

2015.06.25

【受賞、表彰等】精密工学専攻 柴田彬さんが2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation(ICRA 2015)においてRAS-JP Youung Awardを受賞

精密工学専攻 柴田彬さんが、2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2015)にて、RAS-JP Youung Awardを受賞されました。

 

<受賞された研究について>本研究では,カメラ画像を用いた3次元復元技術の一つであるStructure from Motionにおける復元対象の大きさが計算できないという問題を,屈折現象を利用することで解決する手法を提案しました.屈折を発生させるための透明な平板をカメラの前に配置するという簡単な装置で実現可能であり,これまで不可能であったStructure from Motionによるスケール情報を含めた3次元復元が可能となりました。

 

<今後の抱負・感想>今回このような賞をいただくことができ,大変嬉しく思っております.本研究を進めるにあたり,ご指導をいただきました淺間一教授,山下淳准教授には深く感謝申し上げます.また,様々な形でご協力いただきました研究室の皆様にも御礼申し上げます.この受賞を励みとして今後も研究活動に取り組んでいきたいと思います。