トピックス

2018.11.21

【受賞・表彰等】化学システム工学専攻(M2) 鈴木 天音さんが第41回ケモインフォマティクス討論会において、ポスター賞を受賞されました。

2018年10月27日、化学システム工学専攻(M2) 鈴木 天音さんが第41回ケモインフォマティクス討論会において、ポスター賞を受賞されました。この賞は、学会のポスター発表内で優秀な発表を行った際に与えられる賞です。

<研究概要>
現在、創薬における機械学習の事例では大量の教師付きデータセットが必要となることが多いです。しかし、特定のタンパクに対して活性を予測することを考えた場合、十分な教師付きデータを用意することができないことがあります。教師付きデータの数が足りない場合、機械学習を行っても性能は低くとどまる傾向にあり、それが創薬現場で機械学習を導入する際の障壁となりえます。本研究ではWeb上で入手可能なラベルのついていない大量のデータを活用し、教師付きデータが僅かな場合でも良い予測を達成する手法を提案しました。


<今後の抱負・感想>
多くの興味深いポスターがあった中、このような賞をいただけたことを嬉しく思います。指導を賜りました船津公人先生、ならびに研究室の皆様に深く感謝いたします。今後も応用を見据えたデータ分析の力を磨いていきたいと考えています。

船津・小寺研究室:http://funatsu.t.u-tokyo.ac.jp/ja/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/