トピックス

2017.12.21

【受賞/表彰等】原子力国際専攻 高畑和弥さん(D1)が「第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」において優秀ポスター賞を受賞されました。

2017年12月7日、原子力国際専攻 高畑和弥さん(D1)が「第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」において優秀ポスター賞を受賞されました。この賞は、学会のポスター発表内で優秀な発表を行った学生に送られる賞です。

<受賞された研究・活動について>
・講演タイトル
固気混相流体系におけるDEM粗視化モデルの妥当性検証

・講演概要
産業で用いられる粉体プロセスの多くは非球形粒子かつ大規模なものであり、既存のモデルでは計算負荷の観点から大規模体系の計算が実質不可能であった。製品の品質管理やプロセスの最適化の観点から、大規模体系にも適用可能な非球形粒子の新たな計算モデルの開発が望まれていた。本研究では、離散要素法(DEM)における新たな回転抵抗モデルを開発し、大規模体系に適用するため、DEM粗視化モデルとのカップリングを行った。加えて、実際の粉体プロセスで用いられるような任意形状および移動境界壁面のモデルとして、符号付距離関数法(SDF)および埋め込み境界法(IBM)を連成したモデルを適用した。回転円筒容器や粉末金型充填といった、化学工学でよく用いられる体系で検証を行ったところ、DEM粗視化モデルとオリジナルの結果はよく一致しており、本モデルによって非球形かつ大規模体系の計算が可能となった。

<今後の抱負・感想>
このような大変栄誉な賞をいただき、うれしく思います。研究のご指導を賜りました酒井幹夫先生ならびに研究室の皆様に心より御礼申し上げます。今後も一層研究活動に精進してまいります。