トピックス

2017.08.23

【受賞/表彰等】原子力国際専攻 酒井研究室(M1)森勇稀さんが「日本混相流学会混相流シンポジウム2017」においてベストプレゼンテーションアワードを受賞されました。

2017年8月20日原子力国際専攻 酒井研究室(M1)森勇稀さんが「日本混相流学会混相流シンポジウム2017」においてベストプレゼンテーションアワードを受賞されました。この賞は当学会内のフラッシュトーク・ポスター発表のうち、特に優秀と認められたものに贈られる賞です。

<受賞された研究・活動について>
講演タイトル
DEM粗視化モデルを用いた任意形状壁面を持つ流動層の数値解析

講演概要
固気流動層は化学工学の分野で広く用いられる装置で、固相(粉体)と気相が相互に影響を及ぼす複雑な挙動を見せるため、数値解析による解析が行われています。数値解析において広く用いられるDEM-CFD法と呼ばれる手法は非常に有効な手法ではあるのですが、1つの計算機で扱える粒子数がかなり制限されることと、任意形状壁面の効率的計算が難しいという2つの課題のために産業用のような大規模かつ様々な壁面を持つ流動層の解析ができないという問題がありました。そこで本研究では複数の粒子を一つの代表粒子によって解析するDEM粗視化モデルとSDF-IBMと呼ばれる壁面モデルを組み合わせたDEM-CGM-CFD-SDF-IBM法を新たに開発し、産業的流動層の数値解析を可能にしました。またこの開発手法による解析結果を実験と比較することで、開発手法の妥当性を検証しました。

 

<今後の抱負・感想>
この度、このような賞をいただき大変光栄に思います。研究のご指導を賜りました酒井幹夫先生、ならびに研究室の皆様に深く感謝いたします。今後も一層研究活動に精進し、更に研究内容を発展させていきたいと考えております。