トピックス

2017.01.05

【受賞・表彰等】化学生命工学専攻(M1) 竹内 黎明さんが、CSJ化学フェスタ2016において、優秀ポスター発表賞を受賞されました。

2016年12月15日、化学生命工学専攻(M1) 竹内 黎明さんが、CSJ化学フェスタ2016において、優秀なポスター発表に授与される優秀ポスター発表賞を受賞されました。

<受賞された研究・活動について>
核磁気共鳴画像(MRI)は生体内を非侵襲的に可視化できる技術で、病気の診断に広く使われています。MRIの診断時には、画像のコントラストを増強する目的で、造影剤がよく用いられます。現在では、ガドリニウムイオンを用いた造影剤が広く使われているものの、最近ガドリニウムが脳に蓄積することや、環境汚染の原因となることがわかり、代替となる造影剤の開発が望まれています。本研究では、安価、安全であるものの性能が低く造影剤としてほとんど用いられていない酸化鉄ナノ粒子を用い、ナノ粒子表面を覆うリガンド分子の構造をデザインすることで、その性能が飛躍的に向上することを発見しました。

<今後の抱負・感想>
このような賞をいただき、大変光栄に思います。研究のご指導を賜りました相田卓三先生ならびに支えて下さった研究室の皆様に厚く御礼を申し上げます。今後も主体性を持って研究活動に励み、更なる高みを目指し邁進する所存です。