トピックス

2016.12.28

【受賞・表彰等】原子力国際専攻(M2)高畑和弥さんが、第22回流動化・粒子プロッセッシングシンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞されました。

2016年12月9日、原子力国際専攻(M2)高畑和弥さんが、第22回流動化・粒子プロッセッシングシンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞されました。流動化・粒子プロッセッシングシンポジウムは、化学工学における固体-流体相互作用に関する成果発表の場として年1回開催され、ポスター発表を行った学生を対象に優秀ポスター賞の表彰を行っています。

 

<受賞された研究・活動について>
噴流層内部における固体粒子の混合状態を、DEM(Discrete Element Method)粗視化モデルを用いて評価した。既存の研究において、DEM粗視化モデルの妥当性は実験との比較を通して証明されているが、固体粒子の混合問題に応用されていなかった。オリジナル体系と粗視化モデル体系における混合度が一致した。本研究により、DEM粗視化モデルが固体粒子の混合問題に対して適用可能であることが見出され、産業界における数値シミュレーション技術の応用範囲が広がった。

<今後の抱負・感想>
今回、このような賞をいただき、大変光栄に思います。熱心に指導してくださった酒井幹夫准教授をはじめ、サポートしてくださった研究室の皆様に御礼申し上げます。賞に恥じぬよう、今後も一層研究に励み、成果を広く世界に発信していきたいと思います。