トピックス

2016.02.16

バイオエンジニアリング専攻 酒井・鄭研究室が開発した「癒着防止吸収性バリア」が政府の「先駆け審査指定制度」の指定を受けました。

バイオエンジニアリング専攻 酒井・鄭研究室が開発した「癒着防止吸収性バリア」が政府の「先駆け審査指定制度」の指定を受けました。

これは、バイオエンジニアリング専攻の進める医工連携の成果が政府からの画期的な医療機器候補として認められたということです。

詳細は、こちらをご覧下さい。