トピックス

2015.11.26

【受賞・表彰等】応用化学専攻 池田 拓也さんが第 5 回 CSJ 化学フェスタ 2015において優秀ポスター発表賞を受賞されました。

2015年11月12日、応用化学専攻 池田 拓也さんが第 5 回 CSJ 化学フェスタ 2015において優秀ポスター発表賞を受賞されました。

この賞は産学官の先端研究者とのポスターを用いた議論により審査されます。

<受賞された研究・活動について>
ヒドロニウムイオン(H3O+)は多数の化学反応や生体反応で重要な役割を果たすと考えられますが、H3O+が矛盾なく認められた例は存在しません。本研究では、水素を観測できるとされる中性子回折法により得られたタンパク質の結晶構造でH3O+を観測した研究報告をもとに、量子化学計算によってH3O+の存在の検証および存在条件の解明を行いました。これにより、タンパク質中でH3O+が安定的に存在する条件を見出しました。

 

 

 

<今後の抱負・感想>
今回の受賞は、産学官の研究者との議論により自分の研究を分かりやすく伝えられた結果であると思います。これを励みにして、さらなる研究活動に勤しんでいきたいと思います。研究をご指導いただいた石北央教授、斉藤圭亮講師、ならびに研究室の皆さんに感謝申し上げます。