プレスリリース

2015.08.24

2次元磁性体が示す特異な時間反転対称性の破れ -自然界に存在しない粒子「エニオン」と相転移現象の関係を発見-:物理工学専攻 求 幸年 准教授

東京工業大学大学院理工学研究科の那須譲治助教と東京大学大学院工学系研究科の求幸年(もとめ ゆきとし)准教授は、キタエフ(Kitaev)模型と呼ばれる理論模型に対して量子モンテカルロ法による大規模な数値計算を行うことにより、低温のカイラルスピン液体と高温の常磁性状態との間に、ある温度で相転移が存在することを明らかにした。またカイラルスピン液体中に存在する特殊な粒子であるエニオンの統計性のに呼応して、相転移の性質も大きく変化することを発見した。

この研究結果は、非可換エニオンを持つカイラルスピン液体が絶対零度以外でも安定に存在することを明確に示しており、非可換エニオンを用いるトポロジカル量子計算への応用が期待される。

研究成果は8月21日発行の米国物理学会誌「フィジカル・レビュー・レターズ(Physical Review Letters)誌」に掲載された。

 

20150824_motome.png

 

詳細はこちらからご覧ください。