プレスリリース

2015.04.21

分子からなる超伝導体の転移温度を最大にする方法を発見-新しい高温超伝導体開発への道を開く- : 量子相エレクトロニクス研究センター・物理工学専攻 岩佐義宏教授

東北大学原子分子材料科学高等研究機構のコスマス・プラシデス教授(元日本-EU超伝導研究プロジェクトEU側代表者)、東京大学 大学院工学系研究科 岩佐義宏教授(同研究プロジェクト日本側代表者)の研究グループは、分子からなる物質の中で最高の転移温度を有する一群のフラーレン(C60)超伝導体の電子状態を解明することによって、超伝導転移温度(Tc)が最大になる条件を明らかにし、性能指数の高い新規超伝導開発につながる指針を得ました。

本成果は、米国東部時間の4月17日、米国の科学雑誌Science Advances誌に掲載されました。

詳細はこちらからご覧ください。