プレスリリース

2018.01.09

空間を飛び回るミリメートルサイズのLED光源を実現 〜手で触れる空中ディスプレイ向けの発光画素への応用に期待〜 : 大規模集積システム設計教育研究センター(電気系工学専攻) 高宮 真准教授、情報理工学系研究科 電子情報学専攻 川原 圭博准教授ら

東京大学の高宮真准教授、川原圭博准教授、星貴之客員研究員と慶應義塾大学の筧康明准教授らの研究グループは、手で触れる空中ディスプレイ向けに3次元空間を飛び回るLED内蔵のミリメートルサイズの発光体を作製することに成功し、蛍のように光ることからゲンジボタルの学名より「Luciola(ルシオラ)」と名付けました。

これまでの超音波集束ビームを使用した小型浮遊物体は、騒音なく高精度に浮遊・移動できるものの、電子回路を持たず、直径数ミリメートル以下の発泡スチロール球のようなごく軽いものに限られていました。

そこで今回、無線給電による電池の不要化と、LED点灯に必要な無線給電用の受信回路の専用IC化の2点を工夫することで小型・軽量化を実現し、直径4ミリメートルの半球形状で重さ16ミリグラムの空中移動する発光体の作製に成功しました。世界初の「空中移動する小型電子回路内蔵発光体」の特徴を生かし、手で触れる空中ディスプレイ向けの発光画素への応用が期待されます。

なお、本研究の詳細は、論文誌Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT)にて日本時間1月9日(火)(米国東部標準時:1月8日(月))に、オンライン公開されました。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201801091507516999036960_800126.pdf

Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT):https://dl.acm.org/citation.cfm?id=3161182