プレスリリース

2017.08.10

「薬」の振る舞いと効きめを体内で測る新技術 針状 “ダイヤモンド電極センサー”を使って開発-さまざな病気の治療法や創薬に期待-:バイオエンジニアリング専攻 高井 まどか教授ら

新潟大学大学院医歯学総合研究科・超域学術院の日比野 浩 教授および緒方 元気 助教らと慶應義塾大学理工学部の栄長 泰明 教授らの合同研究チームは、針状の「ダイヤモンド電極センサー」を用いた薬物モニターシステムを開発しました。そして、東京大学大学院薬学系研究科の楠原 洋之 教授、同工学系研究科の高井 まどか 教授のチームと共に、生きた動物の脳や内耳において、極めて狭い空間(1ミリ以下)でのさまざまな「薬」の振る舞いとその作用を、リアルタイム計測することに世界で初めて成功しました。この成果は、8月10日に科学雑誌Nature Biomedical Engineering(2017年1月創刊:採択率6%以下)のオンライン版に掲載されます。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201708101437411261455779_107749.pdf

Nature Biomedical Engineering:https://www.nature.com/articles/s41551-017-0118-5

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST):http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170810/

日本経済新聞社:http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP453490_X00C17A8000000/