プレスリリース

2016.03.16

非GPS環境下でも小型無人航空機(ドローン)の安定した自動飛行が可能に - リコー、ブルーイノベーション、東京大学が共同開発 - :航空宇宙工学専攻 鈴木真二 教授ら

東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 鈴木・土屋研究室の鈴木真二教授および土屋武司教授らの研究グループは、事務機器・光学機器メーカーの株式会社リコー(以下:リコー)と、ドローン・インテグレーターであるブルーイノベーション株式会社(以下:ブルーイノベーション)と共同で、超広角ステレオカメラとIMUセンサーを搭載した小型無人航空機(ドローン)が非GPS(全地球測位システム)環境下でも安定して自動飛行することを可能にする小型無人航空機システムを共同開発し、室内での飛行試験に成功しました。これにより、施設内・倉庫内の警備や危険作業を伴う橋の下やトンネルの中の点検などのGPSの受信が不安定または受信ができない環境下でもドローンによる精密点検や警備等が可能になり、危険作業や目視が難しい場所での作業に大きく貢献することが期待されます。本研究成果として共同開発したシステムによるデモ飛行を、2016年3月24日~26日幕張メッセで開催されるジャパン・ドローン2016(*1)にて、予定しています。
*1 ジャパン・ドローン2016 (一般社団法人 日本UAS産業振興協議会主催) http://www.japan-drone.com/

 

 

 

詳細はこちらからご覧ください。